【気まぐれバンド紹介】くるり《変幻自在のオルタナティブロック》〜おしゃれな邦楽ロック特集〜

【気まぐれバンド紹介】くるり《変幻自在のオルタナティブロック》〜おしゃれな邦楽ロック特集〜

くるり

立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」出身で同級生だった岸田繁(1999年前期、産業社会学部卒)、佐藤征史(1999年法学部卒)、森信行(1999年産業社会学部卒)の三人で結成された。バンド名の由来は結成当時の京都市営地下鉄の案内板の矢印が「くるり」となっていたことから。

「Qさん」という名称のロゴマークは同じくその矢印にインスパイアされたらしく、「アンテナ」等のジャケットを手掛けた古賀鈴鳴のデザイン。

引用元:2019年7月18日『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より

日本のオルタナティブロックバンド。筆者はオルタナティブの意味をよく理解していないのだが、おそらく、くるりはその筆頭バンドである。※オルタナティブロックの祖はベルベッツのルーリードと言われている。

おすすめポイント

岸田繁が紡ぐ文学的な歌詞と、よく練られている楽曲が特徴。

CMソングなどに良く使われるイメージから優しいバンド像が彷彿とされるが、意外と尖った楽曲もあったりして、邦楽ロックで良質なバンドを探している人にも自信を持ってオススメ出来る。

出すアルバム毎に毛色が違うのと、発表しているアルバム数が多いため初聴の方には素直にベストアルバムがオススメです。

アルバム

くるりの20回転(クリックするとAmazonの商品ページへ)

くるりのオールタイムのベスト盤。初期から2016年までの楽曲を網羅している。初めて聴く人はこのアルバムからオススメする。

※『くるりの20回転』レコメンドソングス(曲名をクリックするとYouTubeに飛びます)

※東京

※ばらの花

※Baby I Love You

※Jubilee

※言葉はさんかく こころは四角

※魔法のじゅうたん

スポンサー広告

Advertisement

図鑑(クリックするとAmazonの商品ページへ)

2ndアルバム。筆者が特に好きなアルバム。中学生ぐらいの時に、このアルバムからくるりにハマったので思い出深い一枚。

※『図鑑』レコメンドソングス(曲名をクリックするとYouTubeに飛びます)

※青い空

※街

ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER(クリックするとAmazonの商品ページへ)

くるりの1stベストアルバム。くるりの名盤。1stから6th『NIKKI』までのアルバムから選曲されている。ベストアルバムではあるが、よくあるシングル曲や代表曲を羅列しているだけのアルバムとは違い、一枚聴き通して味の出るスタジオアルバムのような完成度である。

※『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER』(曲名をクリックするとYouTubeに飛びます)

※春風

※Superstar

※赤い電車

音楽『気まぐれバンド紹介』カテゴリの最新記事